●○●○●○●○●○●○●○●


by yasco_o

亥の子のお祝い

今日は亥の子のお祝いの日。昨年お茶の教室で教えてもらった日本の行事です。
c0172436_1285880.jpg
旧暦10月の最初の亥の日の亥の刻(21〜23時)に「亥の子餅」を食べ、無病息災と多産の亥にあやかって子孫繁栄を願う、もともとは中国の習わしが日本に伝わったもの。

というわけで「亥の子餅」を調達。亥の子供のような形をしててかわいい☆
今年は鶴屋吉信にしてみた。始めはとらやに行ったものの「申し訳ございませんが、とらやの基準に達する材料が得られず、今年度は作らないことになりました」と。そんなことあるんだ!確かに今日しか出番のない品だけど、銀座だしどこにでもあるだろうと高を括っていたら、扱っているお店が少なくウロウロ探すはめになりました。

また11月からお茶の点前が炭火を使う「炉点前」となります。亥には「水性の陰」の意味合いがあり、火の災いから守ってくれると信じられていたので、炭火を使う「炉開き」も今日、亥の子の日に行われる。炉開きの際、茶壺の口を切ってその年の新茶をいただく口切があったり、まさに「茶人のお正月」のような日なのです。
さすがにそこまで本格的には無理なので、亥の子餅と一緒にお抹茶を新調しました☆
気持ちだけは炉開き(^^) 美味しくいただいて無病息災をお祈りしました。
[PR]
by yasco_o | 2008-11-07 23:00 | 食す