●○●○●○●○●○●○●○●


by yasco_o

カテゴリ:想ふ( 60 )

フランスからのお客様

「今から出発して30日朝に成田に着きます〜!」とメールを読んだとき日本はすでに30日の午前1時。メールをもらって数時間も経ってないのに、もうすぐ成田!?
そうか、彼らは時空を飛び越えて遥か地球の裏側から日本にやってくるんだ。
そして今日、ジャイアン的に言うと「心の友」夫妻が我が家にやってきたのです。
c0172436_6274536.jpg
彼女がフランスに行ってから早1年と2ヶ月。遠距離恋愛を実らせ素敵なパートナーのもとに嫁いでいった幸せな出発でした。毎日のように職場で顔をあわせ大爆笑をしていた私たち。笑顔で見送ったものの、なんとなく寂しくてそのあと地球儀を買った。
時折思い出してはくるくると回す。あれからもう1年か。
c0172436_628990.jpg
帰ったら我が家へ遊びにいく!と豪語してくれたので、牛スネ肉を煮込んだシチューでおもてなし☆フランス人と1年間フランスでご飯を食べていた人に洋食は…と作りながら不安になったけど(^^;) 一晩煮込んだお肉!美味しいと食べてくれました☆
c0172436_153498.jpg
そしてお土産にSchleichのシロクマとともにLADURÉE のマカロンを!
うわ〜〜〜ん☆☆☆ 正真正銘の直輸入!!美味しい上にパッケージも可愛い☆ やはりパリでも並ぶのだそうです。綺麗すぎて宝石のようだよマカロン!!
c0172436_2165530.jpg
お互いが確実に変わっているはずなんだけど、昨日も会ってたよね?という雰囲気。きっといつになってもいくつになってもこうやって会えるのが友達なんだろうな。
会いにきてくれてありがとう!本当に楽しかった☆
駅まで送った彼ら夫婦の手はしっかりと握られていて、それを見て安心して、また笑顔で見送ることができた。 さぁ、今度は私が行く番だぜ☆
[PR]
by yasco_o | 2009-04-02 15:00 | 想ふ

花婚式

4年目に突入です!ほぼ毎年恒例となったレストランへ食事に。
c0172436_2395361.jpg
彼に初めて出会ってからもう11年が経ちました。そして結婚してからの4年間は特に色々なことがあり過ぎて、正直「まだ4年!?」という感じ(^^;)
c0172436_238064.jpg
とはいえ、人生を決して退屈に過ごさない人をパートナーに選んだので、なんとなくこうなることは予想できたのですが、彼と歩むスピードの速さについて行けずにヘトヘトになることよりもまず、世界一尊敬する人がすぐ横にいる環境が、私にとっては何よりも恵まれていることだと思うのです。だからヘトヘトになってる暇はない。
今年も楽しみ多き一年でありますように。これからもよろしくお願いします。
[PR]
by yasco_o | 2009-03-25 22:00 | 想ふ

天日

待ってました!ここのとこ雨が多くなかなか干せなかった布団をここぞとばかりに。
c0172436_14392243.jpg
でもまだ雲多し、油断なりませんー(><)! 明日こそはすっきり青空かしら…。
[PR]
by yasco_o | 2009-03-11 14:00 | 想ふ

隣の恋物語

本屋さんでこれにしよう、とたまたま手に取った通勤のお伴用の小説。これがまた、たまたま最寄駅付近が舞台のお話で、登場する施設やお店がほぼ実在するので驚くほど臨場感たっぷり…!ノンフィクションの恋物語とはいえ、主人公がこの道を歩いたのね…とまで想像できちゃう、なんとも不思議なご縁の本を選んでしまった。
c0172436_1364878.jpg
あまりにもリアルに想像できるため、最寄駅を歩いている人…ひょっとしてこの中の誰かの恋物語なのか?と目で追ってしまったりして。そういえば先日、その最寄駅のカフェのカウンターでひとり、電話しながら号泣している女性がいた。私は待合せをしていて、先に着いたので空いているその女性の向かいに通されたのだが、離れてはいるもののカウンターには号泣する女性と私…。話しかけるには中途半端な距離だし、もとより電話中だしどうしたものか…と思案のさなか、聞こえてくる静かなBGMと私にだけ聞こえるサイズの涙声。。あまりにもいたたまれない雰囲気に店員さんが「奥が空きましたので…」と席を変えてくれたのだった。

電車やカフェにひとりでいる無口な空間。すぐそばに人はいるのに、みんな全く別のことを考えていて違うものを見てる。それでも私はもしかしたらすぐ隣の人の恋の行方をハラハラして涙して見守ってるのかも、と思うとなんだか急に近しく思えた。

私の鞄の中の恋物語もそろそろ佳境。もうすぐ 春です。
[PR]
by yasco_o | 2009-03-10 22:00 | 想ふ

緑の葉

c0172436_19542223.jpg職場に私と1日違いのお誕生日の可愛い子ちゃんがケーキを持ってきてくれました!毎年必ず食べるケーキをなぜか今年は食べていなかったので、すごくタイムリーなサプライズに感激(ToT) そして2人でお互いおめでとうとお祝い☆わーい嬉しい!ありがとうございます(^^) その後、彼女は「自分へのプレゼントなの!」と言って嬉しそうに、これまた似合いそうな帯をお持ち帰りしてくれました。

「自分へのプレゼント」かぁ!素敵だ!となんだかポッと火がつき、ずーっとモニョモニョ悩んでた帯留を買うことにしました☆
c0172436_19482818.jpg
鮮やかな緑が美しい葉柄の帯留です。持ち帰ったところ、なんと我が家の観葉植物(フィカスウンベラータです。たぶん…)にそっくりでした!モチーフはおそらく蔦かと思いますが、青々しいので秋よりは春から初夏が似合いそうです。衝動買うよりも所以があると可愛さひとしお☆いいきっかけをくれた可愛い子ちゃんに感謝です!
[PR]
by yasco_o | 2009-02-23 12:00 | 想ふ

お誕生日

c0172436_1332363.jpg
ケーキのようなお花をいただきました!いくつになっても嬉しいプレゼントです♡
[PR]
by yasco_o | 2009-02-19 00:00 | 想ふ

厄払い

旧暦で新年を迎えた立春の日、川崎大師へ厄払いに行ってきました。
c0172436_1592785.jpg
とりあえずお参りをし、お護摩の時間まで少し早めに着いたので境内を散策する。

川崎大師に初めて訪れたのは7年前の夏。当時の私はというと…仕事で行き詰まって毎日泣き帰るような生活で、もうだめだ!と辞表を出したものの「もうちょっと働いてほしい」との言葉に断りきれず悶々とした日々を過ごしていた。そんな灰色の私を見かねた彼が川崎大師の風鈴市へと誘い出してくれたのがきっかけ。
厄除けの神社と聞いていたし「どうか今よりもう少しいい状況になりますように」とお願いごとをしたその夜、救急車で運ばれて即入院、大揉めだった仕事場もその一件で強制終了となった。当時の私を思えばそんなことでもなければそのままずるずると働き続けていたかもしれない。神様にしては手荒な技であったが、たくさんの心配とご迷惑をかけたけど、あのタイミングで辞めることができて本当によかったと思う。
そう、川崎大師には即効性があるのだ。

7年前にひいたおみくじはどんぴしゃの凶。確かにこれ以上深くは沈めないくらいにどん底だったので「あはは…やっぱりね…」と乾いた笑いが出たのを覚えている。
今回おみくじをひくかどうか迷ったものの「あの頃とは違う」と今の心のポジションを確かめてみることにした。強ばりながらシャカシャカ振って出た棒を差し出すと、頭を丸めたおじさんが「お!8番」と言って威勢良くおみくじを手渡してくれた。

「大吉」

わあぁぁと本当に嬉しくて当時の想いもすべてがぐるっと報われたような気がした。
c0172436_1594399.jpg
そろそろお護摩の時間なので本堂に移動。2月で平日だし…と思っていたものの、たくさんの人がご祈祷をうけにきている。中に入るとお坊さんの法話が始まっていて、だんだんたくさんのお坊さんが出て来て本堂内が物々しい雰囲気に。すると、あれ?見たことある人が中央に…。さっき私におみくじを威勢良く渡してくれたおじさん(失礼。お坊さん)だった!なんだか不思議なご縁を感じつつ、リーンと静かな鐘の音に頭をもたげる。やがて読経の声と太鼓の音が本堂内に鳴り響く。お護摩が燃える炎が美しくてずっと見ていられる光景だった。本堂のお参りを促されたもののしばらくは動けなかったほど。
c0172436_1595887.jpg
本堂を出ると、曇空だった雲間から青空も見え、心なしかスッキリと清々しい気持ちに!名前の入ったお札もいただいて、2月の空気に冷えた体を甘酒で温めながらホクホクと川崎大師をあとにした。初めてのきっちりした厄払い。やってよかったなぁ。今年も頑張っていけそうです!
[PR]
by yasco_o | 2009-02-04 16:00 | 想ふ

知らない土地

所用で千葉の上の方に出かけることになった。東京より先へ行く機会もあまりないため、ちょっとワクワクする。遊び目的ではないにせよ、知らない土地へ電車で向かう行為がもうワクワクする。初めて降り立ったそこは、田んぼもあるし新しいマンションもある「ちょっと街でちょっと田舎」が混在したところでした。
c0172436_0321935.jpg
ツッコミどころも満載。「おいしい」に頼りすぎ!もはやケーキじゃないし…!
c0172436_0323653.jpg
なんだか自由なところです。が、子供達はちゃんとヘルメットを被って自転車に乗ってました。無事目的も果たし帰路へ。自分の田舎に似ているような違うような、新鮮な風景でした。たまには知らない土地の空気を感じてみるのもいいものです。
[PR]
by yasco_o | 2009-01-17 16:00 | 想ふ

衣ほすてふ

気持ちのいいお天気だったので、たまっていた解き物を片づけお洗濯をしました。
c0172436_2153691.jpg
真冬の乾燥した空気に凍てつく風の中、その日差しにとけて揺れるうす絹が美しく、晴れた日のお洗濯の気持ちよさを実感。見とれてしまう気持ちがよくわかりました。
[PR]
by yasco_o | 2009-01-14 13:00 | 想ふ

家族の居場所

c0172436_2403436.jpg実家で飼っている犬。
今年で2歳になるつぶらな瞳のとってもシャイな子です。外に出るとガタガタブルブル…。散歩の時は匍匐前進…。外が怖くて犬が怖いガラスのハートの臆病くん。立つ時も座る時もぴたっと前足がくっついた行儀良い姿勢の子。

全面の信頼を父に置き、片時も父のそばを離れません。今回もやはり私は不審者扱い…(- -;) 近づいては逃げ近づいては逃げ、常に一定の距離を保たれてまるでサバンナを駆けるインパラと豹のようです…。でも今日は、いよいよもう帰るよーって時にやっと自分から近づいてきてくれました。

c0172436_1343725.jpg
帰省タイムリミットもあとわずか。母の「あれ持って帰り、これ持って帰り」攻撃のお言葉に甘えいろいろ頂戴してまた横浜へ。私にとってのリセットの場所。今年はちゃんと時間を作って帰りたいな、そう思います。それではまたね☆行ってきます。
[PR]
by yasco_o | 2009-01-06 14:00 | 想ふ