●○●○●○●○●○●○●○●


by yasco_o

カテゴリ:巡る( 14 )

パリ旅行3日目

明け方、ベッドのすぐ上にある天窓をコツっコツっと叩く音がして目が覚めた。
c0172436_1756113.jpg
雨。しかも風も強いし結構降ってる。雨か〜と思いながら起き上がると…
c0172436_17563136.jpg
う!宇宙人襲来!めっちゃたくさん来てる…!!とまあ、寝ぼけるのはここまで。
c0172436_17564491.jpg
正解はコレです。別日に撮った隣の建物の煙突。チムチムチェリーがいそうな景色☆
c0172436_1757248.jpg
昨日は昼まで寝てしまったので、今日は朝から出かけようと身支度。やっぱり寒かったのであらゆる服を身につけて出発しました。向こうの方は晴れ間も出て、だんだんと傘なしでも大丈夫なお天気に。空気がひんやりして朝の散歩も気持ちよかった。
c0172436_17571613.jpg
歩いてパレ・ガルニエまで。たくさんの観光客にぐるっと囲まれていました。
c0172436_17573188.jpg
そして目的地、レペットに到着!バレエ経験者には憧れのお店ではないでしょうか。
c0172436_17574513.jpg
早速 中に入ると様々なシューズの色の洪水!形も色々あって目移りしまくり!高い天井に大きなシャンデリア、奥にはポアントスペースもあり、小さなバレリーナがママとフィッティングしているところでした。(店内撮影許可をいただきました!)
c0172436_1758672.jpg
定番のBBにしようと形は絞りこんだものの、この色数から選ぶ…き、決まらない。
悩む私の横で親身に接客してくれたのが、これまた超小顔の可愛いバレリーナみたいな店員さんで、最後お店を出てからもガラス越しにバイバイしてくれました☆
c0172436_1758276.jpg
朝ご飯を食べてなかったので近くのお手軽なカフェで。顔が自然に笑ってしまうのは、コーヒーセットをサンチームコインでピッタリお会計して店員さんに褒められただけではなく、向かいの椅子に鎮座した紙袋が目に入ってしまうからでした (^^)。
c0172436_17584859.jpg
続いての目的地、オルセーへ。観てみたいな〜と思っていた絵があったのです。
c0172436_1759848.jpg
元駅舎をそのまま利用した美術館。当たり前だけど有名な絵がたくさんありました!でも見たかった絵は見つけられず、聞いてみたら「今、サンフランシスコよ」と!そりゃ観に行けないわ〜と笑って退散。ポンポンの白熊に会えたから、まあいっか。
c0172436_17593056.jpg
美術館近くのカフェでランチ。うーん、ここは失敗でした!とっても塩っぱかった!パリに来て美味しいものばかり食べてたから、不味いお店もあるんだぁと思った。
しかもW杯の日本戦やってるよ!と教えてくれたので壁面のテレビに目をやった瞬間オランダがゴール!結果その1点で負けちゃうし…いろいろ後悔した時間でした。。
c0172436_17594669.jpg
気を取り直して歩き出すとセグウェイに乗った集団に遭遇!なんだろー試乗会かな?
c0172436_180158.jpg
セーヌ沿いを歩いてルーヴルまでやってきました。入口近くは人・人・人の波です!
c0172436_1802931.jpg
ルーヴルの外灯。足下に魚。細かなところにもたくさんの細工があって面白い!
c0172436_1801439.jpg
ピラミッドに手をかけてる風に撮ってるカップル。うん、その気持ち、わかる (笑)。
今回の旅の予定に美術館巡りは入っていないので横目で見て通り過ぎる。だってルーヴルなんて、ちゃんと観ようと思ったら何日かかるんだろう!!行ったら最後、帰ってこれない魔窟であることは間違いないのだ。もっと長居できる時にゆっくりとね。
c0172436_1804860.jpg
街をウロウロ行ったり来たりし、途中迷子になりながらアパルトマン近くのパッサージュに着きました。見慣れた景色にホッ。お花屋さんに紫陽花の姿を見つけました。
c0172436_181442.jpg
アパルトマンのある歩行者天国通りに到着。そしてこれがオルセーで観たかった絵!モネが1878年にここ、モントルグイユ通りのパリ祭の様子を描いた絵です。
アパルトマンを決めたとき、オルセーにこの絵を観に行こうと決めた。観ることは叶わなかったけど、有名な絵だから貸し出されるのも仕方ない。今はサンフランシスコの人達を楽しませていると思えばそれでよかった。私はモネの双眼鏡を覗けたから。
c0172436_1812011.jpg
朝から夕方までほぼ歩きっぱなし!倒れ込むように部屋に着いて、箱を開ける。
レペットで迷いに迷って決めた一足はこちら☆フランスの国旗にあって日本の国旗にない唯一の色、矢車菊の色にしました!いつか特別な日に下ろしたいなぁ (^^)。

さてぼんやりするのも束の間、本日2回目の身支度。どこに出かけるかというと、明日の日曜の遠出のため、今夜はエリリン宅にお泊まりなのです!!しかも今夜アパートのご近所会があるらしく、私も出席してOKとのこと!なんだか楽しそう〜♪
c0172436_1813682.jpg
エリリンの職場から途中で買い物を済ませ、エリリン宅で料理開始!メニューは日本から材料を持って来たお好み焼きと焼きそば。豚肉は宗教上の理由で食べられない人もいるからと海老に変更。そっかー、こちらではとても身近な当たり前の配慮なのだ。日本で酒を飲まない肉を食べないお坊さんって、今どのくらいいるんだろう…。
c0172436_1815116.jpg
お喋りしながら作ってたら遅くなっちゃった (><) 慌てて会場へ移動!毎年中庭でするそうですが、今年は天候不順のため地下の駐車場が会場となっていました。
c0172436_182560.jpg
噂は予々聞いていたエリリン夫妻の愛犬、ララたんともご対面!フワフワ真っ白で雲みたい!じりじりと距離を縮めて…最後はぴったり足にくっついてくれました。
c0172436_1821863.jpg
ご近所さんが持ち寄った手作りのお料理も美味しかった!キッシュやパウンドケーキ、お酒もたくさんいただきましたというか、注がれました (^^;) 楽しかった〜!
c0172436_182307.jpg
エリリン夫妻、実は一週間前に旧宅から歩いてすぐの新居に引越したばかり。そんな忙しい時に、私の旅に付き合ってくれていました。今回のご近所会は旧宅の方の会で、彼女たちが長く住んでいたそこの人達から、引越を惜しむ声や「また来てね!」と声をかけられている様を見ると、どれだけ愛されていたか、受け入れられていたかがわかります。彼女の優しさは万国共通なのだ。
旧宅からエッフェル塔の眺め。明日も盛りだくさんの予定!ドキドキの週末です。。
[PR]
by yasco_o | 2010-06-19 23:00 | 巡る

パリ旅行2日目

2日目の朝。朝ごはんは 近くのカフェでプチディシュでも ♪ と考えていたのに、パリはとても寒くてブルッと寒気…時差ボケも加わって、いきなり風邪ひいたっぽい!
c0172436_12322817.jpg
というわけで出かけるのは断念し、日本茶と彼が作ってくれたおにぎりで朝食。あとお守りとして持たせてくれた家族の写真 (ほぼ犬写真) を見ながら毛布にくるまる。
まだこっちに来て数時間なのに、いきなり家族の愛情にお世話になりました… (*^^*)
よく眠れなかったのも原因だったようで昼過ぎまで爆睡し復活!元気になったら善は急げと、午前中に行くはずだった学校までのルートを確認すべく出かけました。
c0172436_123240100.jpg
学校までの道のりはしっかり頭に入っていたので迷わず到着。ストでメトロが止まっても授業に出られるよう、歩ける範囲にアパルトマンを借りたのです。通学時間もわかったし、近辺の探索開始。学校近くのパッサージュ(屋根付き商店街)を巡る。
c0172436_12325345.jpg
セーヌ右岸に点在するパッサージュは18世紀後半から19世紀前半に作られたガラス屋根の商店街で、雨でも貴婦人のドレスが濡れないという利点があったそうです。
小さな雑貨屋など可愛いお店も多くて、額縁屋さんでこんなスケッチを見つけた。
c0172436_1233724.jpg
同じ構図で写真を撮ってみる。絵に描かれた風景を訪れるのは、この人もここからこの景色を見ていたんだなぁ…と、バーチャルに体感する楽しみがあるから。自分だって北斎やダ・ヴィンチの目になれる。その人の双眼鏡で景色を覗くのも楽しい。
c0172436_12332426.jpg
ブラブラしながらアパルトマンへ帰る。私が借りたところは歩行者天国の通り沿いで、常にマルシェやカフェがオープンしている賑やかな通り。正直ここなら食べ物に困らなそう、という理由も決め手となった (^^;) それにしても美味しそうなリンゴやどでかいキュウリ、ケーキにチーズ…見てるだけで自然と顔がほころびます。
c0172436_12333690.jpg
お風呂で使う石鹸を忘れたのでパッサージュで買い物。ハーブたっぷりいい香り。
c0172436_12345027.jpg
アパルトマンで小休止した後は、歩いてポンピドーにやってきました。今日はこれからエリリンと一緒に街歩きをする約束!この広場で待合せなのです。
c0172436_12343249.jpg
エリリンと落ち合ってポンピドーからマレ方面へ。可愛い洋服屋や雑貨屋が点在するお洒落スポット。エリリン曰く代官山・恵比寿エリア。なるほどわかりやすい!
c0172436_12352644.jpg
気になったお店を覗きながらヴォージュ広場までやってきました。ぐるりと広場を囲むように館が建てられ、カフェやギャラリーが軒を連ねます。私達もぐるりと廻る。
c0172436_12341764.jpg
バスティーユを遠目に見たところで「そろそろお腹空かない?」と今晩のご飯処へ。
まだ昼間のような陽射しだけど、時刻はすでに夜8時!! サマータイム恐るべし。
c0172436_12354062.jpg
晩ご飯はエリリンが選んでくれたガレット☆大好物だから絶対食べたい!と思ってたので早速 願いが叶った!バジルにチーズと大好きがいっぱい詰まってました (^^)
お腹も満たされ、久しぶりの思い出話に花が咲く。これこれ、これがしたかったの!
c0172436_12384549.jpg
ご飯の後はぐっと南下してパリ市庁舎前を通り、シテ島のノートルダム大聖堂へ。
前にここを訪れたのは14歳のとき。父と一緒だった。その時はとても明るい昼間で、中に入った瞬間ズシンとくる暗闇、その途方もない高さ、迫ってくるステンドグラスの圧力、ろうそくの光に目がチカチカして、ぽかんと口が開いたままだったなぁ。
c0172436_1239254.jpg
そして大聖堂前にあるパリのヘソ(パリの中心らしい) を撮ってたら、それこそ14歳くらいの女の子がジャンプしてフレームに飛び込んで来た!その瞬間の写真。偶然にしては出来過ぎ?パリが「おかえり」と笑って撮らせてくれたようなそんな1枚です。
c0172436_12391486.jpg
その後セーヌ川沿いを歩いて戻ろうとしたところ、またもミラクルが!エリリンと同じフランス在住のお友達3人にばったり出会ったのです。しかもその内の1人が来週日本に帰国してしまうため、みんなで最後の街歩きをしてたところだったそう。一つの信号の差でさえ出会えなかったろう絶妙な偶然!すごい〜!と笑いながらドラクエみたいに2人から5人に仲間が増えて、ようやく日が傾きかけたパリの街を歩きました。
c0172436_12393079.jpg
家に着いた11時過ぎにはとっぷりと暗くなってました。今日はたくさん歩いた〜!!
そして昼過ぎまで寝てたとは思えないほど、あっと言う間に眠りにつきました。
写真はフランスの天気予報。見慣れないから面白い。明日は寒くなりそうです。。
[PR]
by yasco_o | 2010-06-18 23:00 | 巡る

パリ旅行1日目

6月後半の2週間、パリにアパルトマンを借りて ひとり旅をしてきました。
c0172436_17261973.jpg
近年最後に行った海外は2004年のスウェーデンとフィンランド。ここ何年か国外逃亡したい熱がぐんぐん高まってきて、今年の春頃それが爆発。さらにタイミング良く、行ってみたかった学校から受講OKの返事とカリキュラムの日程が届き、かなり衝動的にスケジュールを組み、パリ行きを決めてしまいました。
c0172436_17263795.jpg
徹夜でパッキングして、飛行機で寝ればいいやぁとネムネムで成田空港へ。行きなのに荷物が多くてトランクがパンパン。彼と私の体重でやっと閉まりました (^^;)
c0172436_1727630.jpg
飛行機は特割で安かったので、楽をして直行便に。快晴な青空!出発日和です。

なぜか昔から飛行機や飛行場が好きで、特に飛んでるところを見るのが好きで、ふと意味なく飛行場に行ったりしていた。しかも、見上げた空に飛行機が飛んでるとラッキーという、子供の頃に自分で作った意味不明なジンクスを未だに信じてます。
今思えば、1日に飛んでる飛行機の数なんて国内でも何千、世界だと何万なので、すごい高確率のジンクスだな…。都合が良すぎるぜ、幼き日の自分よ。
c0172436_17271975.jpg
離陸して間もなくデジタル機器使用OKサインが出たので窓の外を撮影。
千葉県上空です。理路整然と並んだ田んぼが IC回路みたい。デジタル田園風景。
c0172436_17273423.jpg
昼前の出発便だったのですぐにランチがでました。焼うどんをチョイス。かつおぶしを食べておこうと思って(すごい理由だ)。それにしても機内食って撮るの難しい。
c0172436_17274867.jpg
北海道上空。太陽と逆方向でちょうど昼間を飛ぶので色んな景色が楽しめました。
すぐパリに着いてもいいのですが、空撮好きなので空写真が膨大にあります (^^;)。しばし一緒に空の旅、どうぞお付きあい下さいませ (^^)。
c0172436_1728731.jpg
中国上空。河川が創る砂を撫でたような不思議な地形。私にはカメの顔に見えます。
c0172436_17282661.jpg
ロシア上空。さ、寒そう。窓にも小さな氷のかけらみたいのが張りついてました。
c0172436_17283918.jpg
そして北極圏近く!!!こんなに氷割れがはっきり見えたのは初めて (@_@)!
空の碧さ、濃さが見たことない色をしていて、まるで宇宙船に乗ってるような気分。
その風景に呆然とし目が離せないでいたのですが、ふと頭に浮かんだメロディーが「宇宙をとんでる気分だぞ〜♪そ〜んな忍法つかってみたいよ〜♪」と呑気なハットリくんの歌…。目の前の風景とのギャップと、自分の表現力のなさにがっかりだよ!
c0172436_17285717.jpg
日本を発って10時間くらいに軽食タイム。日本時間なら遅めの晩ごはん、フランス時間ならランチの頃。映画もたくさんやってましたが観たのは1本だけだったなぁ。
c0172436_17291411.jpg
いよいよスカンジナビア上空。ヨーロッパが見えてきました!ワクワク感倍増!
c0172436_17293078.jpg
ドイツ上空。先の日本の田んぼと違ってすごくランダム。なんだろう性格の違い!?
c0172436_17294734.jpg
そうこうしているうちに飛行機は無事着陸し、シャルル・ド・ゴール空港に到着!
荷物をピックアップして、頼んでいたポータータクシーでアパルトマンまで。バスや電車の手段もあったのですが、実は借りたアパルトマンがエレベーターなしの6F!(日本だと7F!) さすがに旅のはじめから重いトランク担いで階段あがるのは無理〜!!と、荷物を部屋まで運んでくれるポータータクシーにしちゃいました。

飛行機の到着も遅れ、渋滞につかまり、やっとアパルトマンに着いたところ、パリ在住の「心の友」エリリンが待っていてくれました (ToT)!!パリ行きの理由は色々あったけど、私、彼女に会いたかったのかも。顔を見てそう思った。
エージェントの方にお部屋の説明をうけて鍵をもらい、早速エリリンと晩ご飯へ!
c0172436_1730223.jpg
アパルトマン近くのカフェ。かわいい内装やかっこいいムシュー、当たり前だけど周りのお客さんもみなフランス人で、やっとパリにいるんだ〜と実感が沸いてきた。
c0172436_17301651.jpg
席札がかわいい。そしてエリリンより、この辺界隈の危険地帯や、夜出歩きタブーゾーンのレクチャーを受ける。地の人の話なので、ものすごく心強い!彼女は私を心配して仕事帰りに駆けつけてくれたのです。もー本当にありがとうー!
c0172436_17302896.jpg
そして記念すべき1回目の食事はチーズと鶏のサンドとサーモンとポテトのサンドを2人でシェア!とてもボリューミー!そして完食。おなかいっぱい美味しかった (^^)!
c0172436_17304119.jpg
その後はスーパーに付き合ってもらい、とりあえず必要な水や朝ごはんなどを調達。

スーパーで驚いたのは、牛乳が普通に常温の棚に陳列されていたこと!日本だとなんとなく腐っちゃうイメージがあるけど、いいの?大丈夫なの?と思いました。エリリン曰く「開けたら冷蔵庫に入れるけど、買い置きは入れないなぁ」と、これが当たり前のようです。うーん、私はやっぱり冷蔵庫に入れちゃうなぁ。習慣の違いを実感。

エリリンと明日また会う約束をしてバイバイし、ぽつんと1人、部屋の中。
c0172436_17305939.jpg
こんなお部屋です。メザニンタイプでベッドまでは梯子を使って登ります。ソファベッドもあるので定員3人までらしいけど、3人は厳しそう。2人でちょうど、1人だと少し贅沢な広さという感じ。天井も高くて開放的。一目で気に入りました(^^)
もちろんすぐに寝つけるわけもなく…トランクを片付けたり、仏語の単語帳を作ったり…パリに着いた達成感と、明日から起こる出来事を想像してワクワクの夜でした。
[PR]
by yasco_o | 2010-06-17 23:00 | 巡る

清里旅行2日目

2日目も快晴!高地なので湿度も低く、とても爽やかな朝 (^^)。
c0172436_23413393.jpg
朝食はホテル1階のレストランにて。気持ちのいいテラス席でいただきました。
c0172436_23414765.jpg
しつらえが可愛い和朝食。しその葉を味噌漬けしたものなど、繊細な味がいろいろ。
c0172436_2342560.jpg
鉄鍋で炊いたご飯がふっくら美味しかった!おこげもよそっていただきました。
c0172436_23422090.jpg
そして洋朝食。あれ?ご飯2回目?と思うお得感。朝からなかなかのボリューム☆
c0172436_23423540.jpg
お腹もいっぱいになったし天気もいい!ので、ホテルから滝が見えるポイントまでの散歩ルートを歩いてみることに。1本道がず〜っと続きます。
c0172436_23424973.jpg
山歩きなのに足下ふわふわ!と思ったらその正体はウッドチップ。歩きやすいように散歩ルートに敷き詰めてくれていました。
c0172436_23433097.jpg
真上を見上げるとこんな景色。毛細血管のような枝が 空いっぱいにはり巡らされていて、地球という大きな体の中に入り込んだみたいな気持ちに。
c0172436_23435282.jpg
そして途中にもやっぱり巣箱が。周りの景色にとけ込むナチュラルカラーです。しかし巣箱はいっぱい目にするものの、鳥の姿は見かけない。野鳥にとって人間は外敵。私たちが通り過ぎるのを、息をひそめってじっと待っていたのかもしれません。
c0172436_23441040.jpg
さて朝の散歩も終わって休憩タイム (懲りない…) ☆ こちらは施設内のカフェで。
あ、でも半分こにしました!(と、自分に言い訳) オリジナルレアチーズケーキ!

しかしどこからともなく「ひゅるるるるる〜ひゅるるるる〜」と変な音が…!!
c0172436_23443743.jpg
振り返ると、鼻が鳴ってる!嫉妬と悲哀の目!!床に下ろすよりバギーに入れておいた方が落ち着くかな?と思ってそのままにしたのですが、逆効果だったようで。。
c0172436_23445695.jpg
気を取り直していただきます!こちらも蚊帳の外じゃなくなったので、少し納得してくれた様子でした。ほっ。食べられないけど疎外感は嫌なんですねー。
c0172436_23451826.jpg
そしてまったりしていると、遠くの巣箱に鳥が…!あわててシャッターを切る!使ってるかわからなかったけど、しばらく雀が行ったり来たりしていました。
c0172436_23453750.jpg
お世話になった施設をあとにランチへ。昨日と違う店で今日もお蕎麦をチョイス!
たぬきそばでしたが、他にもたくさん具材がのってて冷やし中華?な盛りつけ。
c0172436_23455483.jpg
その後は清里から小淵沢方面にドライブし、よさげなところを途中下車してお散歩を。たんぽぽ牧場の中をどんどん突き進んで行く犬。
c0172436_23462897.jpg
くんくんくん。バーチャルに 花の匂いを 嗅いでいる。あら偶然にも五七五。
c0172436_23482167.jpg
ポップコーンみたいに弾けてポンポン咲いた可愛い花桃も見られました☆
c0172436_23483385.jpg
山ブドウのジュースを。この頃には犬も疲れて足下でスヤスヤお休みタイム。
c0172436_14141825.jpg
遠くに見えるは八ヶ岳。だんだんと日が暮れてきたので、後部座席で爆睡する犬とたくさんの野菜、食材、お土産を乗せて帰路へ。ちょっと今回は買い過ぎました (^^;)

GWの旅行、混むかな〜並ぶかな〜と覚悟してたけど、特に困ったこともありませんでした。なにより会社も学校もお休み!の人達が、リフレッシュ目的で遊びに来ている感じがよかったです。そして清里、またふらりと訪れたい場所が増えました☆
[PR]
by yasco_o | 2010-05-05 21:00 | 巡る

清里旅行1日目

GW後半、清里へ行ってきました。
どこに行っても混むに決まってるGWに旅行なんて無謀だ!と思いつつ、覚悟を決めて出発。ホント こうやって暦通りに旅行を計画するのは久しぶりです。
c0172436_2104920.jpg
途中 道の駅で鯉のぼりのお祭りが開かれていたので立ち寄ることに。何百匹の鯉のぼりが気持ち良さそうに空を泳いでました。
c0172436_211107.jpg
やっぱりGW、たくさんの人!道の駅ということもあり、かなり人気のお祭りのようです。地域の人々がそれぞれ持ち合うのか、名前が書かれた鯉のぼりもありました。
c0172436_2112211.jpg
もちろんこの人も来ています(^^) 5月だからまだ大丈夫かな〜と思ってたけど、なぜか今年のGWは記録的な真夏日!強い陽射しに早くもヘバリ気味。黒いからな…。
c0172436_2113553.jpg
とはいえ爽やかな風に、見える景色のあちこちにお花。木々も競うように緑!
しばし鯉のぼりと芝生を堪能し、清里へ向かう。
c0172436_2114792.jpg
まず牧場へ。一面の牧草に芝生、家族サービスならぬ犬サービスです。清里は牧場やドッグラン、犬OKな施設がたくさんあり 、犬連れ旅行にはとても便利なのです☆
c0172436_2115861.jpg
早速ワンコに遭遇。自分は人間だと思ってるため、犬慣れしておらず緊張した面持ちですが、固まりつつもゆ〜っくりしっぽを振ってます。嫌いじゃないらしい(^^;)
c0172436_21297.jpg
牧場の中には馬場もあり、立派で優しい目をしたお馬さんがいました☆
c0172436_2122089.jpg
お気に入りのたんぽぽを手で囲みご満悦の表情。ニマ〜っと笑顔です(^^)
c0172436_2124286.jpg
ランチは蕎麦に。東京から北の方へ行くと蕎麦、南の方へ行くとうどんを選んでしまう。くるみ胡麻だれとそばつゆの2色そば。胡麻だれ濃厚〜!そしてこの蕎麦がとっても細く、エアリーでふわふわでした☆ 犬OKなテラス席にて。
c0172436_2125747.jpg
チェックイン時間が迫ってきたので今夜の宿へ。清里のメインサイト「萌木の村」内にあるホテルです。なんと残りあと1室というところで予約が取れました。
c0172436_2131394.jpg
階段を降りたところ、赤い絨毯が続く素敵な廊下の両側にそれぞれ客室があります。
c0172436_2132987.jpg
そして客室一つ一つに鳥の名前が。キレンジャクって鳥、知らなかった(@_@)!
c0172436_2134050.jpg
敷地内にたくさんのお店があるので散策することに。カントリー系の小物を扱うお店や自然食品のお店、ジャムやクッキーのお店、もちろん犬グッズのお店も。
c0172436_2135336.jpg
桜の下で寝てるどこかのお父さん。ディズニーランドでもよく見る光景。そろそろGWも終わりですからね (^^) 家族サービスお疲れさまです。
c0172436_214857.jpg
ところどころに巣箱を見つけました。煙突もついてる!カラーリングがかわいい!
c0172436_2142136.jpg
そして萌木の村といえばメリーゴーランド! 何年か前に、一緒に展覧会をしたアーティストが清里にアトリエを持っていて、遊びに訪れたときここに連れて来てもらいました。彼女のアトリエで 女4人でワイン何本あけたんだっけな…(^^;)
その時の印象が強烈で、この景色をどうしても彼に見せたかったのです。
c0172436_214362.jpg
メリーゴーランドってなんでこんなに幻想的なのかな。くるくる回るキラキラした景色、いつまでも眺めていられる。流れてくる音楽もどこかレトロでしばらく頭から離れない。「ビッグ・フィッシュのあの村に来たみたい」と2人で笑ってました。
c0172436_2144758.jpg
歩き回ったのでケーキ (やっぱりな!)。萌木の村のお隣の「ともにこの森」内のカフェにて。こちらはテラス席だけでなく店内も犬OKでした。
c0172436_214592.jpg
こちらは彼写真。私のカメラの先生でもあるので食べる前は必ず勉強会となります。どちらかというと私が質問するため彼がなかなか食べられないという図 (^^;)
c0172436_2151153.jpg
こちらも彼写真。一番好きな写真なので載せておきます。こんな風に光を操れたらなぁといつも思う。
c0172436_2152228.jpg
さてこのお方はというと…若い子ちゃんに「可愛い〜!大人しい〜!鳴かないのがいいよね〜」と囲まれ しばし撮影モデルと化してましたが、心の中はきっと「疲れた、暑い、眠い」の三拍子だったことでしょう。
c0172436_2153558.jpg
日も暮れたのでホテル隣のレストランに。清里に最初にできた喫茶店の今の姿です。
c0172436_2154511.jpg
とりあえずビール。 嘘。めちゃくちゃ飲みたかった地ビール!!
しっかり濃厚なデュンケルと爽やかなピルスナー、つまみはサラダ。で、まず乾杯☆
c0172436_2155981.jpg
ソーセージ盛りも名物のビーフカレーもピザも!あっという間に平らげました!
c0172436_2161047.jpg
ディナーの後は、星空の撮影会。実はこれがやりたくて三脚を持って行きました。
雲が多くて降るような…とまではいきませんでしたが、なんとかおさまったかな?
c0172436_2162211.jpg
その後はピカピカをして遊ぶ。(左/私、右/彼の作品)。だんだんと冷え込んできたのでここらへんで終了☆ 朝からしっかりと遊び疲れた1日目でした (^^)
[PR]
by yasco_o | 2010-05-04 23:00 | 巡る

伊豆旅行2日目

朝。お部屋からの眺め。晴れ間が!
c0172436_15274144.jpg
すっきり快晴!ではないけど、嵐だったお天気は落ち着いてくれたようです。
c0172436_1361389.jpg
そして朝風呂☆ 運がよければリスに会えるかも と言われていたのですが姿は見えず。でもお風呂の横に 昨日はなかったベリーの実がコロンと落ちていました。来てくれたのかなぁ?鳥かも。ホーホケキョの声はたくさん聞きました(^^)
c0172436_15325024.jpg
しっとりした雨上がりの庭を散策。雨の匂いと朝の匂い、海の匂いがしました。

さてノープランの旅!宿を出た次の目的地は何も決まっていない…。(決めとけ)
とりあえず宿に向かう途中にあった牧場へ行ってみることに。
c0172436_165634.jpg
可愛いヤギがお出迎えしてくれました。牧場のマスコット的存在のようです。
c0172436_17986.jpg
未知との遭遇中…。どーんと構えるヤギにジリジリと距離を縮める犬。
c0172436_172217.jpg
微笑むヤギは慣れた様子でしたが、こちらはもう興味津々!!「何?誰?犬?」
c0172436_173736.jpg
続いては馬!なんと「入っていいよ〜」と柵の中に入れてもらいました。
c0172436_175062.jpg
すると馬にも果敢に攻めの姿勢を…!さすがにやめとけ(^^;)と止めました。
犬連れだったためか牧場の中も外もフリーに遊ばせてもらい楽しかったです☆
c0172436_18455.jpg
車を走らせていると「みかん直売所」の文字が。こういう突然の寄り道が楽しい☆
c0172436_1375578.jpg
続いては唯一 頭にあった目的地、神祗大社へ。ここは八百よろずの神様が祀られているそうで、私を含め親バカレベルの犬愛好家の中では有名な神社なのです。
c0172436_1465454.jpg
犬の形をしたペット絵馬なるものが…!それぞれに個性があって面白い!
c0172436_1492386.jpg
そしてお祓いも…!傷めたパッドが良くなりますように、とお祈りしました☆
c0172436_1511628.jpg
そして修善寺界隈へ。禅寺そばを堪能。ここでも生わさび!しかもお持ち帰り自由☆
c0172436_295056.jpg
いよいよ修善寺へ。有名な伊豆の修善寺なので勝手にドカーンとしたお寺を想像していたのですが、さっぱりと清廉潔白な雰囲気の漂う爽やかなお寺でした☆
c0172436_2122512.jpg
奥には竹林が見え 良い風の吹くとても緑豊かな場所。しばらくぼんやり小休止。

修善寺の後どうするかと 南伊豆か西伊豆か どちらかを廻って帰るコースを決める。
すると西伊豆方面に「土肥金山」の文字。ちょうど大久保長安のあたりを読んでいた彼(戦国好き)には打ってつけだったようで、最後の観光地をそこへ決めました☆
c0172436_472123.jpg
…おかしいな。私また旅先で馬を見たあと洞窟にいる…(^^;)
c0172436_48581.jpg
施設内にはギネス認定の250kg金塊がありました。江戸時代の大判小判をたくさん見ました。金で出来ているので その名の通り まさに「お金」。リアルに高価です。

金山を出てソフトクリームを食べようと百円玉を3枚 トレイに乗せたとき、すごく変な感じでした。これが今のお金かぁ…と改めて百円玉をしげしげ眺める。
今回は計画なしの行き当たりばったり旅行でしたが、旅は毎回ちゃんと いろんなことを考えさせてくれます。日本の文化はもちろん、地理、歴史も果てしないわぁ…と飽くなき日本探求は続くのでした。さて、次はどこに行こうかな☆
[PR]
by yasco_o | 2009-05-30 19:00 | 巡る

伊豆旅行1日目

なんとなく伊豆へ行くことにしました。
ただただ宿だけ予約し あとは完全ノープランです。しかも直前の天気予報は100%雨!しかもニュースでは「伊豆諸島に雷、ひょう、竜巻」の文字が!?大丈夫?
まぁ温泉に入れればいいやぁとやんわりした気持ちで昼過ぎに出発しました。
c0172436_13505574.jpg
やはり大しけの海。なかなかの荒れ狂いっぷりであります。途中、鳥が海にいっぱい浮かんでる〜と思ったら全部 人間(!)でサーファーはこういう波が高い日こそ海にでるんですね。みんな事故のないようにね!と祈り車を走らせる。
c0172436_13511385.jpg
公園があったので立ち寄る。さて やむなく同行することになったこのお方、大の雨嫌い。コート(!?) の衿をたてて渋い顔をしています。かもめ〜が飛んだ〜♪
c0172436_13513713.jpg
「雨だのう…」とぼんやりしてると急に雲が切れてだんだんと青空が…!
c0172436_13514958.jpg
「……!?」「これ、行けるんじゃね?」というわけで、
c0172436_1352737.jpg
GO!GO! 今までじっとしていたせいか大はしゃぎ☆縦横無尽に駆けまわります。
c0172436_13522687.jpg
やっと笑顔も見ることができてひと安心。ご機嫌もなおったところで今日のお宿へ。
c0172436_13524428.jpg
まだオープンして2年ほどの新しい宿です。今回のテーマは「癒し」☆ 海が一望できるという理由で決定。しかし伊豆は近い!2時間で着いてしまうし、車だと交通費もだいぶお値打ち。都会で疲れたときの緊急避難場所という感じでしょうか。
c0172436_1353550.jpg
また ここは東伊豆では珍しいほのかに硫黄の香りがする源泉掛け流し宿です。
c0172436_14321633.jpg
到着しチェックイン☆自家製の柚子チーズケーキとお茶をいただきました。
c0172436_13534123.jpg
アメニティも充実していて嬉しい!また1部屋ずつが離れのタイプでそれぞれに露天風呂がついているので入り放題☆この洗面台の向こうがお風呂に直結しています。
c0172436_13535726.jpg
さすがにお腹空いた〜というわけでご飯処へ。1部屋ずつこちらでいただきます。
c0172436_13541170.jpg
伊豆だからやっぱり海鮮?とやっぱりわさびが〜!海鮮の苦手な彼もペロリ。
お刺身も美味しいし 出てくる料理それぞれが創作和食というそうで これどうやって作ったの?という感じの 味も見た目も面白いメニューが並びました。
c0172436_13542792.jpg
毎度ながら食べ過ぎて…、でもデザートは別腹なのです☆
c0172436_13544159.jpg
「アップで写真撮っといて」と言われる美味しさ (伝わってるのか^^;?) ☆
c0172436_13545559.jpg
部屋からお風呂の眺め。木々の向こうに海です。だいぶ日が長くなりました。
明日は雨があがってくれるといいなぁ…と思いつつパタンと就寝☆
[PR]
by yasco_o | 2009-05-29 22:00 | 巡る

大阪日帰り旅

日帰りで大阪へ。まだ夜も明けきらない暗いうちに出発し、朝一の飛行機で関西国際空港へ。土曜日ということもあってか、羽田には早朝からたくさんの人がいました。
c0172436_13282854.jpg
富士山を空撮しながら快適な空の旅☆ 雲の上は晴れ晴れと青空が広がっています。
c0172436_13314847.jpg
関空からほど近い祖母の家へ。久しぶりに会えた。今年は夏も帰省しなかったし、ちゃんと元気な顔を見せる(見る)ようにしないとなぁと思った。
c0172436_13423828.jpg
堺にある方違神社へ。方災除けのお参りに全国から参拝客がやってくる神社で、社務所のマットまで方位盤に…!方災除けは源氏物語にも出てくる古来からの風習です。近く引越しを控えているので「よろしくお願いします!」と念をこめお参りしました☆
c0172436_13522458.jpg
続いて住吉大社へ。たまたま「住み吉し」でこれまた縁起のいいお参りとなりました。小さい頃におばあちゃんと来たなぁと懐かしく思っていると、そう今日は七五三で、着物を着た可愛い子供がたくさんいました。きちんと結った日本髪がかわいい!
c0172436_13595111.jpg
実は私もプチ七五三気分を味わうためコシェルの千歳飴バッグを旅のおともに。
c0172436_1465640.jpg
さて用事も目的も果たし関空から羽田へ帰ります。国内の移動はだいたい新幹線や車だけど、たまには飛行機もいい。でも決まって帰りの飛行場は寂しい気持ちになります。ターミナル好きなので、飛行場も大きな電車の発着駅も大好きだけど「帰る」時の切ない気持ち、あの感覚は独特だなー。今回もやはりセンチメンタル・メランコリックな気分になってきたので、いつもの合言葉「また来るね」とつぶやき帰りました。
[PR]
by yasco_o | 2008-11-15 21:00 | 巡る

会津旅行2日目

晴れました☆
朝食後に旅館特別の進駐軍煮出しコーヒーをいただく。
c0172436_9545474.jpg
戦後GHQから教わったものだそうで、グツグツと約20分煮出します。エスプレッソとブレンドの中間ぐらい、ほどよい苦みがあって目が覚めた。
c0172436_9475046.jpg
今回お世話になった旅館「向瀧」は会津若松東山温泉の老舗旅館。その建築様式はすばらしく、国の登録有形文化財にも指定されている。部屋からは手入れされた中庭が望め、またその中庭が回遊式なので、昨日は暗くてよくわからなかった中庭を歩いてみる。朝の散歩にちょうどいい。写真の2階に位置する「水仙の間」に泊まりました。
c0172436_1045314.jpg
予約時に建築に興味がある旨を伝えていたところ「大広間」を見せていただいくことに。わーーー!っと走り回りたくなるほど広いっ!そして天井には会津桐が惜し気なく、しかもすべて柾目の一枚板が使われている。よくぞここまで割れもせずに…と思うが、無理矢理輸入材などを使ったりせず、その土地で育った気候も風土も知れた素材を使っているから、たとえ材にしても木は息づいていけるのだろうと思った。地産地消は食べ物だけでなく、こういうところにまで言えるのですね。

さてお世話になった宿をあとに、今日は会津若松市内観光☆
c0172436_10123665.jpg
途中会津武家屋敷に寄ってみる。菊まつりも開催されており、館内菊だらけ。
c0172436_10145052.jpg
犬も入場可能(施設内はだっこすること)というわけで、この人も参加。そういえば初登場か。昨日は雨でお留守番が多かったもんね。武家屋敷でしばし武将気分。

さあ!いよいよ旅の目的地、飯盛山へ。悲しきかな白虎隊自刃の地です。
そしてこれが観たかったさざえ堂!!!ついにやってきました〜〜!!どか〜ん☆
c0172436_10185819.jpg
初めてさざえ堂を知ったのは建築雑誌の特集でした。「なんじゃこりゃ!?」という印象。それで「いつか…いや、すぐ観に行きたい!」と今回の強攻策に。
国の重要文化財に指定されている江戸時代後期の特殊な建築様式で、2重の螺旋構造でできており上りと下りは全く別の道。決して交わることはない。なんとなくDNAの螺旋構造を思わせる、とってもとっても不思議な建物なのです。
c0172436_10263022.jpg
2重螺旋構造の建築物としては、フランスのロワール地方のシャンボール城内部にある2重螺旋階段も有名だそう。そこはダ・ヴィンチ設計説も。それではいざ中へ。
c0172436_10264774.jpg
階段とはいえない不思議なスロープを上がっていく。足下要注意です。
もっと無意味なポスターや説明が貼ってあったりと、悲しい感じに観光化されてるかも…!と怪しんでたけど、至るところに千社札は貼られているものの、昔の風情そのままの風体がとてもよかった。途中途中に差し込む光も美しい☆
c0172436_1027286.jpg
てっぺんに着きました。六角の天井板にさらに六角の板がはめ込まれている。
こうやってその時代の空気を感じて、21世紀になった今でも触れることができる。いつまでも残っていってほしいと思う文化遺産でした。
c0172436_10271867.jpg
最後はさざえ堂ポーズでしめっ☆ 地球にささるネジのようだよ、さざえ堂。
c0172436_1027366.jpg
白虎隊をお参りし飯盛山を出発。途中、成りすぎでは…?という柿の木に遭遇。これだけ成っても鳥が食べないということはよっぽど渋いのかも。。
c0172436_10571184.jpg
続いて七日町付近を散策。
備忘録ですが七日町通り中程の太郎焼総本舗のあげ太郎(チーズ)がバリうま☆
c0172436_10565689.jpg
会津といえば第2弾!会津木綿です。会津木綿の老舗山田織元さんへ。
c0172436_115965.jpg
それはそれは目にも鮮やかな布がたくさん!とてもしっかりした強い布地、当然欲しくなったけど「ちょっと待てよ」と…。自分でちゃんと単衣が縫えるようになったら買いにこようと決め、今回はちゃんとストップがかかりました(^^;)
c0172436_1185041.jpg
さあ、だんだんと帰る時間が近づいてきました。
最後は鶴ヶ城を散策。うーん…。天守閣とほぼ同じ形だ…!!
c0172436_1231776.jpg
そして無事帰宅〜。土地の産物に触れ、また一つ日本を知ることができました。

今回のお土産はやっぱりこれですね。おや?奥に男性の畳表右近桐下駄が…。
私があまりにも楽しそうだったらしく、だんだんと欲しくなってきちゃった様子で、衝動買いをされました。でも絶対お得!そして歩きやすいこと間違いなし☆
デビュー戦にお出かけだな!これで美味しいものを食べる口実ができた、と(^^)。
[PR]
by yasco_o | 2008-10-25 23:00 | 巡る

会津旅行1日目

見たい建造物があったので会津へ。ただそれだけの理由で旅先を決めてみた。

とはいえ、ただ見て帰るのでは忍びないのでやはり色々下調べ。すると出てくる出てくる面白そうな火種が…!これはただでは済まない旅になりそうです。
c0172436_5313258.jpg
あいにくの雨模様。見たい建造物は明日に越し、先に喜多方を回ることにする。
c0172436_5335318.jpg
到着したのがちょうどお昼時だったので、喜多方といえば喜多方ラーメンでしょう!とまこと食堂へ。お醤油ベースかと思いきや肉の味。横浜似の豚骨スープで我々には舌馴染みがあり食べやすかったです。
c0172436_537523.jpg
雨の喜多方を散策。あちこちに蔵があって、古い民家も残る風情のある街。
c0172436_5394335.jpg
さてやってきました!喜多方のお目当て黒澤桐材店。会津といえば会津桐、この際だから本場の会津で桐下駄を新調してしまおう!と目論んでいたのです☆
c0172436_5395528.jpg
この日のために時雨草履を誂えた店で鼻緒をオーダーメイド。手芸屋で見つけたドイツ製のリボンから作ってもらいました。受けは薄いグレー、ツボは紫です。
c0172436_540678.jpg
当初はなんとなく千両下駄かな〜と考えていたところ、向こうの方に輝く畳表が…!思わず手が伸びて観察。。こ、これにします!!と即決。
c0172436_5402564.jpg
待つこと10分くらい。お母様と旦那さんの二人三脚で、私の足にぴったりの強さで鼻緒をしめてくださいました(^^) 後ろはかかとが少し出て、足が前に滑らない、そしてとっても軽い!まさに理想の一足、シンデレラ下駄の誕生です☆
c0172436_601997.jpg
さてホクホクしたまま次のラーメン屋(まだ食うか…!)源来軒へ。喜多方ラーメン発祥の地だそうで、壁にはたくさんのサインがありました。
c0172436_641022.jpg
だんだんと雨も小降りになってきたので、次の目的地、楽篆工房へ。
工房を訪れると楽篆家の高橋政巳先生が自分の名前をおよそ3500年前の古代文字で書いてくださり、またその漢字の意味の説明をしてくれます。
c0172436_69742.jpg
私の名前「靖子」の「靖」は、人が大地にどんと立った「立」、「青」は「生」と「井」から成っていて、澱みのない澄んだ水が井戸からどんどん生まれ湧き出てくるという様子で、心に濁りのない人間が地に足をつけて立派に立っているという意味だそうです。なんだかホロリ。いい名前をつけてもらったんだなぁと改めて両親に感謝しました。

c0172436_693749.jpgこちらは約2200年前の篆書体で桐下駄記念にと、ミニ桐下駄に名前を入れてもらいました。

ところで最近、電話口等で自分の名前の漢字を説明するとき、いつも「沢口靖子さんの靖です」と言っていたのが、だんだんと通じなくなってきました (^^;) 特にヤングには厳しいようで…。

なので最近では専ら「靖国神社の靖です」と言っています。それでもまだしっくりこず、自分としては沢口さんと言いたいのになぁ…科捜研でしか見ないもんな。。と思い寂しいばかり。

きっとそんな思いの靖子さんは全国にいるはず!

頑張れ沢口さん!!

さて遊び疲れて日が暮れて、一路お宿のある東山温泉へ向かう。
c0172436_695527.jpg
着いて早々、お薄と自家製のお芋と小豆のお茶菓子をいただきました。
明日は晴れそう!ついに旅の目的、今回の目玉を観に行きます☆
[PR]
by yasco_o | 2008-10-24 21:00 | 巡る