●○●○●○●○●○●○●○●


by yasco_o

<   2008年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

衣替えの準備

しとしと雨。今日はずーっと朝から雨降り天気でした。
今年の9月は本当に着物を着なかったな。片手で数えられるくらいです。お天気も悪かったし暑かったり寒かったりで、着物はもとより洋服ですら何を着たらよいのやら…という感じ。今日も11月初旬の気温だそうで、俄然、袷モードに…!
c0172436_2647.jpg
というわけで、夏の半衿がかかったままになっていた襦袢を、明日からのために今ごろ衣替え。前日にすべての半衿付替えって夏休みの宿題じゃないんだから…。

写真は帯教室にも持参してる私の裁縫箱。「おどうぐばこ」に大好きな作家ものの羊毛針山。そしてなんとみすや針菊一文字の和鋏。ただのミーハー道具フェチです。
[PR]
by yasco_o | 2008-09-30 23:00 | 創る

無花果

我が家の幅僅か20cmの花壇からなんとも無理矢理に無花果の木が生えている。
ぐんぐん成長してもう2mを超えた。立派な実もたわわに。収穫の秋です。
c0172436_2356640.jpg

[PR]
by yasco_o | 2008-09-28 07:00 | 住う

赤坂探訪

展覧会の招待券をいただいていながら「いつの間にか終わってた!」てなことがここ最近頻繁にあって、なんだか罪悪感。今日こそはちゃんと時間を作って、これは見逃したくない!と思っていた展覧会の一つ赤坂 Art Flower 08へ行くことに。
c0172436_9193135.jpg
赤坂近辺の各会場で展示をしているため、どこから歩こうか…と迷って、ペルティエでランチしてから赤坂見附を出発し六本木方面へ向かうルートで歩くことにする。

まだ開催中なので続きはこちら…
[PR]
by yasco_o | 2008-09-27 23:00 | 遊ぶ

帯教室

教室に着くと綺麗な彼岸花が出迎えてくれました。
齷齪してるとつい日付や曜日を忘れてしまうけど、花はちゃんと暦通り咲きますね。
c0172436_1726313.jpg
2本目の帯も完成間近!なかなか手強い相手であった……。袷の帯なんて出番はまだまだ先だな〜と思ってたら、もう5日後には衣替え!? あ、暑くない?
「まだ単衣でもよくね?」って、誰かえらい人の鶴の一声を待つしかないかー。

[今週のブルー校長]
c0172436_17255560.jpg
「……はて?」の顔。
[PR]
by yasco_o | 2008-09-25 20:00 | 創る

お茶の日。今日は秋らしく茶箱「月点前」のお稽古。
茶箱の中でも御所籠に並んで好きな点前だ。
月点前はなんというか、合理的なのです。次の動作に入るための準備をどんどんしていって、同じ道で元の形に戻って行く。なんとなくいつもよりも一つ一つの所作に意味があることを強く感じる点前だからでしょうか。
c0172436_325672.jpg
お軸には月をイメージした円相がかかっていました。
ああ、先生今日は「月点前をするぞ」って決めてたんだなーとわかるさりげなさ、無言の心遣いが本当にお茶の=日本文化のいいところだと思います。
[PR]
by yasco_o | 2008-09-24 20:00 | 習ふ

宇宙への招待

c0172436_22458100.jpg
いや〜今日も青空で…。
c0172436_2253069.jpg
といいつつ、スタジオセット。この下では壮大な宇宙シーンを撮影中です。

そう!「Newton宇宙への招待 誕生と死の物語」というなんともスペクタクルロマン満載そうなビッグタイトルのビデオを借りていた。時間が出来たのでやっと視聴。
しばし宇宙へ招待される。

「銀河団が銀河群になって超銀河群になる…」早口言葉かっ!とツッコミを入れつつ、久しぶりに観た学習系ビデオはとても勉強になった。
改めて思ったのは、何万光年も離れたありえないほど美しい星雲や超新星の様子を映しているハップル宇宙望遠鏡が地上600kmの軌道に乗っていること。
宇宙なんて本当に果てしなく遠いところのような気がするけど、地上からわずか東京〜大阪間の距離から宇宙を見渡しているんだなー。なんだか急に身近な気持ちに。
c0172436_2321219.jpg
今住んでいるところは夜でも街に灯りがついていて、空を見上げて綺麗な星空を観るなんて本当に幾日かだ。それでも私の頭上では、死んでは消え、また誕生してと、すぐ目の前に起こっている出来事の縮図が繰り返し行われている。

宇宙の事を考えたり想像しても果てしなすぎて、ふと目の前に見えるのは自分の手。この手だって今までたくさんの細胞が産まれては消えてこの形になった。
ひょっとして…宇宙のこともこの体の中で起こっていることも同じこと?と、頭の中でぐるぐるミクロとマクロが並走する…。それにしても果てしない、考えるとキリがない、でもキリがないからどこまでだって想像することができる。

子供の頃は(今も?)地球を含む宇宙は実験室の瓶に入れられていて、宇宙人に観察かなんらかの実験をされているんだと思っていたし、通学路にある塀の切れ目は、別の星に繋がる入り口なんだと思っていた。ある日友達とその塀の切れ目に宇宙人宛の手紙を入れておいて、次の日になくなっていたときは(大人的理由は数々あると思いますが)本当にトトロよろしく「うわー!!」と鳥肌もんで飛び跳ねて喜んだ。
果てしなく広がる想像の翼。自分の尺度では測れないことがあったほうが、いろんな夢を見られるから面白い。今日も私の頭上には大きな宇宙が果てしなく広がる。
[PR]
by yasco_o | 2008-09-23 23:00 | 想ふ

お江戸日本橋

気の早い話で、もう来年のスケジュール帳が売り出されていたりする。
私がスケジュール帳を買って一番に書き込む予定、それが毎年9月の23日秋分の日にお江戸日本橋亭開催される「全日本社会人落語選手権」だ。

義兄が落語をやっていてこの大会に出るからである。アマチュアとはいえ大阪本選で今年も優勝し実に3連覇、また昨年のこの東京本選の覇者でもある実力者なのです。
そして何より私が着物や日本文化に興味を持つきっかけをくれた人の一人だ。
c0172436_0431785.jpg
こちらの寄席に行くのは3回目。今年もすごーく楽しみにしていた。
ところが!行き慣れてると油断してか「三越前」駅で降りるところを、会場の名前から勝手に想像して「日本橋」駅で降りてしまい、あれ??どこだっけ?とイージーミス!しかも欠演が出て義兄の出番は早まってしまった…!会場まで息切らし走ったものの、結局お義兄ちゃんの高座は終わってしまっていて…。あーもー、本当に本当に準備不足…(ToT) ただひたすら反省と後悔をしました。。
c0172436_052728.jpg
しかしながら毎年ゲスト出演されている三遊亭圓龍さんの高座は聴けたし(玉子色の着物に黒紋付がすごく素敵)毎年恒例の三本締めにも参加できたので、まあいいか。
お義兄ちゃんは昨年の覇者なので今年はゲスト出演みたいな感じで、表彰式にハラハラすることはなかったし、そう思うとまた来年が楽しみになった。
さーて、スケジュール帳を買ったらまた一番に書き込むんだろうなー、私。楽しみ!
[PR]
by yasco_o | 2008-09-23 21:00 | 遊ぶ

お彼岸

というわけで、おはぎを。
c0172436_053015.jpg
お彼岸は9月20日から26日まで。その真ん中の日=23日を「秋分の日」としているそうです。26日までは毎日おはぎだねぇ。いやいや。
c0172436_054617.jpg
ちょうど先週の十五夜にやってきたススキの穂が開きました。星みたいで綺麗★
[PR]
by yasco_o | 2008-09-21 21:00 | 食す

熱視線

c0172436_2330253.jpg
最近のお気に入りポジション。
遊んでくれ(もしくはなんか食わせろ)と無言のアピール中。
[PR]
by yasco_o | 2008-09-18 20:00 | 犬る

観月会

三渓園の観月会へすべりこみ参加。
期間中は毎夜なにかイベントがあるようで、最終日の今日は琵琶の演奏でした。
c0172436_1571982.jpg
そういえば昼間にも琵琶を観た気が…(水差しですが)。
臨春閣前は芝生が広がっており、みんなそこに腰をおろして鑑賞中。夜ともなると涼しくて、また芝生が気持ちよくて、琵琶の音色が不思議でとても和みました。

臨春閣は三渓園の中でも好きな建物で、お呈茶の時にポテポテと廻る散歩コース。
建築の様式美はもちろん、狩野派の襖絵を観ることができます。
c0172436_2181210.jpg
芝生から池を臨む。水鏡が美しいなぁ。しかし昼に見る表情と全然違うー。
昼間はもっとこう、緑がミドミドしていて牧歌的な雰囲気なのに、なんか今日はどうしたの?格好いいじゃん臨春閣…!
c0172436_1573210.jpg
こちらは観月会らしくススキを手前に携えた臨春閣。そういえば観月会なんだから肝心の月はというと…、現れては消え現れては消えのとってもシャイな朧月でした。
[PR]
by yasco_o | 2008-09-17 23:00 | 遊ぶ