●○●○●○●○●○●○●○●


by yasco_o

<   2008年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

吠える

日曜日なので芝生へ。
最近こちらも忙しくてなかなかかまってあげられず、少々いらつき気味のこの人。徐々に部屋中が段ボールで埋まっていく中、環境が変わることを本人なりに察知しているようです。
c0172436_5035100.jpg
「いいから早くそのビスケットをちょうだい!!」目が本気(マジ)…!
[PR]
by yasco_o | 2008-11-30 14:00 | 犬る

帯教室

朝からどんより曇り空。そして寒いっ!聞けば12月中旬の気温だとか。おまけにポツポツ雨まで…。スケジュールを見るとすでに引越までのカウントダウンが…!とても風邪なんて引いていられないので、マフラーぐるぐるしっかり防寒して向かう。
c0172436_18295647.jpg
教室の門扉脇に小さな蕾が雨露の下で大きくなろうと頑張っていました。椿?でも葉が小さいような。。先生に尋ねると「侘助」だと仰ってました。茶花で一輪挿しになってるのは見てたけど、これが蕾か〜。本当に先生の庭はなんでも揃っています。
今日はサクサクと3本目の続き。なかなか順調でした。

[今週のブルー校長]
c0172436_18401456.jpg
教室にホットカーペットが導入され、結果作業台の下が定位置となったブルー校長。しかも先日ちょっと怪我をされたそうで、痛そうな左足のためかいつになく先生にベタベタ〜ゴロゴロ〜。今週はなんとも甘えん坊な校長先生でした。
[PR]
by yasco_o | 2008-11-27 18:00 | 創る

ボジョレー

今日は職場のフロアの皆様方と蟹&ボジョレーの宴でした☆
昨日の帯がタイムリーなことに葡萄の柄。
c0172436_1191410.jpg
蔦に葡萄のコーディネートです。小物は着物の中の一色、黄金色で統一しました。
c0172436_1194577.jpg
近年のボジョレー解禁日はなんだかお祭り騒ぎで、バレンタインやクリスマスよろしくボジョレーも行事にしてしまえ!と企業側の戦略が見え見えなのですが、それにまんまと乗ってしまったりする人も少なくない。うーん、ハツものが好きなのは国民性なのかなぁなんて思ってたけど、今日参加してみて、これだけ日本人臭い着物人が集まっていざ蓋を開けてみると、皆様ボジョレーそっちのけ。「こっちの方が美味しいんだもん」と持参のシャンパンやワインを飲む人もいて、ただただ蟹をほおばる人もいて、そうか…ただ宴をする理由がほしいのね…ということがわかりました(^^;)
[PR]
by yasco_o | 2008-11-20 21:00 | 着る

時間の意味

11月初めのお稽古。今日から炉のお点前です。また半年間お世話になります!
c0172436_3155529.jpg
今日は台子を使った点前を薄茶、濃茶ともにお稽古しました。
久しぶりの炉でいきなり台子か…!ううう。でも今日は先生と1対1のお稽古だったのでゆっくりと雑談しながら(^^;) 細かく教わることができました。
c0172436_315219.jpg
お花には小菊と綿の実がフワフワと。これが綿の主原料「綿100%」なのですねー。
c0172436_3151866.jpg
先月から水屋にあって気になっていた、菊を象った可愛らしい薄器を使いました☆

c0172436_323115.jpg1人稽古の今日は、先生といろんな話をしました。ちょうど1年前、大好きな友人アーティストが言ってくれた言葉「すべては繋がっている、だから今は無関係なことをしているようでも大切な意味があるんだ」と、先生からまたそんな言葉を聞けて「そうだった」思い出した。

弱気や不安になるのは秋のせいか、見ないよう逃げていた部分、頑に意固地になっていた部分がホワッと和らいだようで、温かく気持ちが軽くなった。

「今日1人でお稽古だったことにもちゃんと意味があるのよ」と、他のお稽古生がいたらこんな個人的な話にはならなかったであろう。そうですね、今日はそのことを思い出すため、私には必要な時間だったのかも。

晩秋にふさわしく落ち葉の着物にしました。もう一週間で冬本番。ピリッと冷たい空気の中、椿や梅の季節がやってきます。
[PR]
by yasco_o | 2008-11-19 19:00 | 習ふ

お惣菜

c0172436_22592835.jpg
お惣菜を買ったら「おにく おにく おにく…」で包まれていました。
[PR]
by yasco_o | 2008-11-18 23:00 | 想ふ

大阪日帰り旅

日帰りで大阪へ。まだ夜も明けきらない暗いうちに出発し、朝一の飛行機で関西国際空港へ。土曜日ということもあってか、羽田には早朝からたくさんの人がいました。
c0172436_13282854.jpg
富士山を空撮しながら快適な空の旅☆ 雲の上は晴れ晴れと青空が広がっています。
c0172436_13314847.jpg
関空からほど近い祖母の家へ。久しぶりに会えた。今年は夏も帰省しなかったし、ちゃんと元気な顔を見せる(見る)ようにしないとなぁと思った。
c0172436_13423828.jpg
堺にある方違神社へ。方災除けのお参りに全国から参拝客がやってくる神社で、社務所のマットまで方位盤に…!方災除けは源氏物語にも出てくる古来からの風習です。近く引越しを控えているので「よろしくお願いします!」と念をこめお参りしました☆
c0172436_13522458.jpg
続いて住吉大社へ。たまたま「住み吉し」でこれまた縁起のいいお参りとなりました。小さい頃におばあちゃんと来たなぁと懐かしく思っていると、そう今日は七五三で、着物を着た可愛い子供がたくさんいました。きちんと結った日本髪がかわいい!
c0172436_13595111.jpg
実は私もプチ七五三気分を味わうためコシェルの千歳飴バッグを旅のおともに。
c0172436_1465640.jpg
さて用事も目的も果たし関空から羽田へ帰ります。国内の移動はだいたい新幹線や車だけど、たまには飛行機もいい。でも決まって帰りの飛行場は寂しい気持ちになります。ターミナル好きなので、飛行場も大きな電車の発着駅も大好きだけど「帰る」時の切ない気持ち、あの感覚は独特だなー。今回もやはりセンチメンタル・メランコリックな気分になってきたので、いつもの合言葉「また来るね」とつぶやき帰りました。
[PR]
by yasco_o | 2008-11-15 21:00 | 巡る

帯教室

今日はお休み分の振替でほぼ丸一日が授業のため、朝から教室へ向かう。
秋晴れの気持ちのよい朝。教室に着くと先生の庭にでっかい鉢植えが…!
c0172436_16275481.jpg
「紫紺野牡丹」というそうで綺麗な紫色の花びらに白い蕊がとても可愛らしいです☆
しかし先生、このどでかい鉢を抱えて持って帰ってこられたそうで…。すごい…!
c0172436_1215977.jpg
先生の庭は、大家さんが建物の外観をメンテナンスする植木屋さんにも「あそこの区間はいじってはいけない」と指示されるほど本当に素晴らしく、またそう言える大家さんがこの庭を理解できるセンスの持ち主だからこそ保たれてるのだと思いました。

c0172436_2414493.jpg今日から3本目の帯に入る。ちょうど紫紺野牡丹のような紫色の生地を選択☆ 1、2本目ともに難しい柔らかもので作ったため3本目は紬を選んでみた。やっと身の丈にあう素材で作ります(^^;)
今まではただ作りたい!と気持ちだけが猛進し、初心者すぎて難しいということもわからなかったのだ。まさに身のほど知らず、暴虎馮河の勇であったなぁ…。さ!今度こそ3度目の正直。

[今週のブルー校長]
c0172436_1223522.jpg
気持ちよさそ〜うに、カッカッカッカッカッ!と掻いておられました。
[PR]
by yasco_o | 2008-11-13 19:00 | 創る

睡魔

c0172436_0553542.jpg
温かいミルクを飲むとこの顔になります。下あごミルク付き。
[PR]
by yasco_o | 2008-11-09 21:00 | 犬る

亥の子のお祝い

今日は亥の子のお祝いの日。昨年お茶の教室で教えてもらった日本の行事です。
c0172436_1285880.jpg
旧暦10月の最初の亥の日の亥の刻(21〜23時)に「亥の子餅」を食べ、無病息災と多産の亥にあやかって子孫繁栄を願う、もともとは中国の習わしが日本に伝わったもの。

というわけで「亥の子餅」を調達。亥の子供のような形をしててかわいい☆
今年は鶴屋吉信にしてみた。始めはとらやに行ったものの「申し訳ございませんが、とらやの基準に達する材料が得られず、今年度は作らないことになりました」と。そんなことあるんだ!確かに今日しか出番のない品だけど、銀座だしどこにでもあるだろうと高を括っていたら、扱っているお店が少なくウロウロ探すはめになりました。

また11月からお茶の点前が炭火を使う「炉点前」となります。亥には「水性の陰」の意味合いがあり、火の災いから守ってくれると信じられていたので、炭火を使う「炉開き」も今日、亥の子の日に行われる。炉開きの際、茶壺の口を切ってその年の新茶をいただく口切があったり、まさに「茶人のお正月」のような日なのです。
さすがにそこまで本格的には無理なので、亥の子餅と一緒にお抹茶を新調しました☆
気持ちだけは炉開き(^^) 美味しくいただいて無病息災をお祈りしました。
[PR]
by yasco_o | 2008-11-07 23:00 | 食す

伝統技術たち

朝から青山へ。青山は私にとって休日に訪れる街。平日の朝に出勤の人波にまじって歩くのもなかなか面白い。今日は蔦サロンで開催中の「手の仕事展」を観に行く。
c0172436_21231919.jpg
その名の通り蔦の葉からまる建物。お目当ては日本刺繍作家、桃ちゃんの茶話会に行くこと。職場のフロアが同じで帯教室の先輩でもあり、なにより本当に細かな細かな美しい刺繍を刺せる職人さんで、その技術にはいつも感嘆してしまうのです。
c0172436_21233462.jpg
今日もご自身で刺された猫柄の帯をされていました。茶話会は帯教室の面々も多く、とても和やかでいろんな話を聞くことができました。刺繍やっぱ楽しいなぁ。
c0172436_21234919.jpg
自由が丘で小休止。ゼブラマークのお店菱屋CalenBlosso併設の「しまうまカフェ」でランチ。ここは日本織物を使った鞄などを販売している。スツールにまで西陣織が使われているが全く違和感なし。織りはどうしても重厚感が出てしまうけど、鞄やソファにはぴったりだな。織物とカフェ空間が完璧に融合しています☆
c0172436_2124555.jpg
最後は染め。五島美術館で開催中の「古渡り更紗展」を観に行く。
今年の6月頃に縁あって「彦根更紗」を勉強する機会がやってきて、以来楽しみにしていた展覧会だ。始めのうちは「これが本物か〜」というミーハー思想(^^;) 、観ていくうちにだんだん引き込まれていきました。貨幣と同価値で取引され、とても貴重だった更紗群。当時の人たちが極小さなハギレをも大切に宝物のように保存していたことが伝わってくる。解説も丁寧でとっても勉強になりました。

朝からどっぷり伝統技術に触れた。面白いと思う一方、文化価値が希薄となった現代の日本では、これらの技術を守っていくことは本当に難しいかもしれない。興味を持つ持たないは各々の好みだけど、何事も「まずは知ることから」。そうすれば自ずと広がっていくのではないかと、淡い期待を寄せる。まだまだ知ることが山盛りです。
[PR]
by yasco_o | 2008-11-06 23:00 | 想ふ